PS4が9ヶ月で1,000万台の大台を突破

2014-08-13

概要

8月13日にプレイステーション4(PS4)の売り上げが全世界で1,000万台を突破したことがわかった。2013年11月発売開始からわずか9ヶ月で1,000万台の大台を突破したことになる。とんでもないね。

PS4の発売開始が2013年11月15日(日本は2014年2月22日)。
世界全体とはいえたった9ヶ月で1,000万台ってはんぱないね。ぱねぇっす。

ちなみに同時期に発売したマイクロソフトのXbox oneは2014年4月時点で500万台を突破したことを発表している。
500万も相当だけどね。
4月で500万台ってことは既に結構いってるかもしれません。
6月にキネクト同梱を無くして価格下げてるので伸びてるはず。
Xboxも頑張ってるけどPS4やっぱすごいね。

なお国内でのPS4販売台数は依然として伸びていない模様である。
最初の週では32万台以上販売されたが、その後は右肩下がりで減少し現在では週あたりの売り上げは1万台を切っている。
ファミ通によると推定累計販売台数は60万台を超えたあたりらしい。

日本でPS4が不調なのは散々言われていますがやはりソフトがないことでしょう。
今PS4で売れているソフト(価格.comの売れ筋見てみた)
・SCE The Last of Us Remastered
・SCE Destiny
・ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション [PS4]
・エレクトロニック・アーツ バトルフィールド4
・ユービーアイソフト Watch Dogs

特に問題なのがPS4独占タイトルがないこと。

ユーザー:PS3で出来ちゃうからまだPS3でいいや
メーカー:まだPS4そんなに売れてないからPS3でも出さないと

鶏が先か卵が先かじゃないけどどっちかが踏み込まないといけないんだよね。
多くのユーザーが今後のためにPS4買うとは思えない(自分もそうです)のでメーカーに頑張って欲しいところ。

あとはやっぱりFF・ドラクエの存在でしょうか。
プレステ初代、セガサターンの命運をはっきりと分けたのはFF7がPS発売だったことにあると思います。
FF15は発売日は未定となっていますが
対応機種:PS4、Xbox One
と次世代機に絞っています。

これが間違いなく国内でのPS4購入促進に向けて起爆剤になるでしょう。
ソニーも期待してるだろうね。

そしてPS3の発売開始がなんと2006年11月11日。
既に8年前という驚愕の事実。
うちではまだまだ現役なんですが(´Д⊂ヽ

ちなみにPS3の売り上げ台数は…
2013年11月2日時点で8,000万台突破
あ、こんなに売れてたんですね。
1億台行くのかな?

買い替えなんかももちろんあるだろうけど
世界中で約70人に1人がPS3持ってる計算になるとは…おそろしい。

これからもゲーム業界発展のためにPS4には頑張って欲しいです!
私はFF15出たら買います。
それまでに魅力的なソフトが見つかったら買おうかなと思ってますがまだ保留で。
PS plusに月額かかるのも地味に購入控える要素になってるんだよね。

時期によってはゲームやらないこともある
→月額取られるのはもったいない
→PS plusを更新しなければいいんだろうけどめんどくさい

ケチなので(´・ω・`)
気にしなければ気にならない金額(月に500円程度)なんですがチリツモなので節約できるところは節約していかないとね。
ということで、FF15待ってます。
トレイラー見る限り正直あんまり魅力感じないんだけど、一応やっておかないとって義務感w

コメントの書き込み

必死ツイッター

Twitterアイコンバナー

新着記事

ほしいもの